【今が買い?!】アフターコロナを見据えて日本の上昇株を予想

経済

アフターコロナを想定して、今後短期的に上昇が見込まれる企業を予想しました。

旅行関連企業

新型コロナウイルスの影響で、政府が自粛を要請し、県外、海外の旅行はほとんどできなくなりました。そのため、旅行関連企業の関連株は大打撃をうけました。

アフターコロナでは、自粛で溜まったストレスを発散するために旅行客が増加することを予想します。国内に限らず、日本には海外からも多くの観光客が来るため、旅行関連業は伸びてくるでしょう。

航空企業

旅行関連業と類似しますが、航空企業もこれから伸びてくると予想します。現在では、渡航中止勧告により、国外からの来日は自粛されています。しかし、アフターコロナでは、国内だけでなく海外からも観光客が来るため飛行機の利用が多くなります。そのため、航空企業も伸びてくると予想します。

アメリカではバフェット氏が米株を売りましたが、伸びることを予想すれば逆にチャンスと捉えることも可能だと考えます。

証券会社

コロナショック以降、株式投資に興味を持ち始めている人が多いそうです。株価が下がっている現状で、今がチャンスと考え株式に投資する初心者の方が増加してきているようです。大手の楽天証券、SBI証券、野村証券等では、新規で投資を始める方が増加しており、登録が混雑しているようです。

パチンコ企業

現在、パチンコ企業は緊急事態宣言による政府の要請で休業が命じられています。そのため、パチンコの企業もコロナショックの影響を受けて暴落しています。

休業を要請されていますが、パチンコ店は地域によっては開店している店舗もありそこに客が集まっている状況です。県外からも空いている店に行く人もいるそうです。そこまでパチンコに執着するのか、、とは思いますが、自粛になっても需要があるということは、アフターコロナでは解禁された後に、更なる増益が見込めると予想します。

ワクチン開発企業

新型コロナウイルのワクチンは国内外で研究されています。現段階では、数ある企業の中でどの企業が儲かり、どの企業が衰退するかは分かりませんが、もし、日本政府に認められ、海外からも認められる企業があれば相当な収益になると考えられます。日本国内のニュースだけでなく、海外のニュースも見なければならないので、常に世界情勢を考えながら投資をしなければならないので、難しい投資となります。しかし、世界に認められればと考えれば、一番伸びる可能性のある分野かもしれません。

まとめ

今後、アフターコロナで伸びてきそうな企業について予想しました。

これから伸びるかどうかは分かりませんが、アフターコロナでは長期決戦ではなく、短期決戦をお勧めします。なぜなら、大暴落した後には上昇もみられますが、下落もしやすいということです。うまく、天井と底を見分けながら短期決戦に臨みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました