【海星の怪物】西田有志選手は高校の時から注目されていた!生い立ち、実績を徹底解説!!

バレーボール

19歳で全日本デビューし、国際試合でも活躍している西田有志選手について紹介します

生い立ち

生年月日:2000年1月30日生まれ(20歳) 出身地:三重県いなべ市 血液型:O型

兄・姉の影響で幼稚園児の頃からバレーボールを始めたようです。

小学校では所属クラブである大安ビートルで活躍し、北勢地区(三重県)選抜に選出されています。

中学は大安中学へ、高校は三重県の海星高校に進学します。

高校バレー引退後はVプレミアムリーグのジェイテクトSTINGSに入団し、若干19歳で全日本バレーのメンバーにも選出され、記憶にも新しい2019年のワールドカップバレーではベストサーバー賞を受賞しました。

中学時代

中学では大安中学校でバレーをします。

全中出場はできなかったようですが、全国都道府県対抗中学大会(通称JOC)では2年生から三重県選抜として活躍したようです。

YouTubeでは西田選手が中学2年生のときの試合がアップされていました。三重県選抜はオレンジ色のユニフォームで西田選手は6番のようですね!

筋肉も伸長もまだまだの時期ですが、2年生から選ばれている時点で実力があったのは分かりますね!

三重選抜 対 栃木選抜 その1

しかし、中学3年の時に臨んだJOCでは以外にも決勝トーナメント1回戦で沖縄県選抜と対戦し、1回戦敗退という結果で、優秀選手にも選ばれていませんでした。

高校時代

高校は三重県の海星高校に進学します。

三重県には、三重県の強豪松坂工業、津工業、皇學館という強豪校もありますが、あえて西田選手は無名の海星高校を選びました。石川祐希選手の出身校でもある愛知県の星城高校にも声がかかっていたそうですが。

海星高校に進学するのも、元々は「強いところに行ってずっと上にいるより、下から倒していくほうが楽しいというか、そっちの方が人生的にもいいかなと思ったので」

という西田選手の考えがあったからなのでしょうと思います。

高校の時の成績はというと、

まず高校2年生のときに春高の県予選では海星高校は準優勝をします。

これが高校2年生のときの春高県予選の決勝です。

この時から、有名になり出して、そのうちに

海星の怪物という異名を持つほど、高校バレーボール業界では徐々に有名になっていきます。

高校3年生で初めての全国大会として臨んだ高校総体では海星高校初のベスト16を果たします。決勝トーナメント3回戦で習志野高校に負けてしまうのですが、それ以上に西田選手が与えた印象はすごかったと思います。

春の高校バレーでは、三重県の決勝で松坂工業に負けてしまい、全国大会を逃すのですが、バレーボール業界ではこれから一目置くようなプレイヤーが現れたと思う人が多かったのではないかと思います。

高校バレー引退後、西田選手はVプレミアムリーグのジェイテクトSTINGSから声がかかり、大学バレーに進学せずに、そのままプロの道へ行きます。

西田選手は春高バレーに出場できなかったため、早目にジェイテクトSTINGSに合流し、さっそく試合にデビューさせてもらえます。

それがとてつもないデビュー戦となりました。

Vプレミアリーグの初戦では、堺ブレイザーズと対戦し異様の

アタック決定率70%を記録しています。高校生がプロを相手に決定率70%は本当に異様で、とんでもない怪物が現れたとみなさん思ったことだろうと思います。

そのデビュー戦がこちらです。

【NISHIDA YUJI】【世代No.1のスパイカー】西田有志(海星高=ヴィアティン三重U-19 → JTEKT STINGS)【バレーボール】

現在

高校卒業後はそのままジェイテクトSTINGSでバレーを続けます。

ジェイテクトSTINGSは2013年まではVプレミアリーグの1つ下のチャレンジリーグでしたが、外国人のカジ―スキ選手(ブルガリア代表)の活躍もあり、プレミアムリーグまで昇格してきました。

そこで、徐々に力をつけてきたところで入団してきたのが西田選手でした。

西田選手は入団してすぐのデビュー戦で決定率70%を記録し、すぐにジェイテクトSTINGSに欠かせない人物となってきました。

そして、2019年ワールドカップバレーで日本代表に選出されます。このワールドカップバレーで西田選手は大ブレイクします。

印象深いのは全日本代表の石川祐希選手のとのトリックプレー(フェイクセット)

【フジテレビ公式】ワールドカップバレー2019<ファンタスティック投票・第2セット/10月1日(火)[男子・開幕戦]日本vsイタリア>

そして、最終戦であるVSカナダでは最終セット9-9で交代でピンチサーバーとして入ったのにも関わらず5回もサービスでブレイクするという、とんでもないことをやってくれます。

Yuji Nishida Destroys Canada with 6 Aces in a Row | World Cup 2019

西田選手は日本だけでなく世界で通用した選手だったということは日本バレーボール全体に刺激を与えました。

全日本でのワールドカップバレーの試合が終わり、活躍が認められた西田選手ですが、その後のVリーグでもしっかりと活躍してくれます。

2013年まではVチャレンジリーグのジェイテクトSTINGでしたが、カジ―スキ選手(ブルガリア代表)の入団や西田選手の加入により2019/2020シーズンでは徐々に調子を挙げ、Vリーグレギュラーラウンドで2位につきます。

そして、最終戦、Vリーグレギュラーラウンドで1位の3連覇を狙っているパナソニックパンサーズと首位争いをかけた最終戦を戦います。パナソニックパンサーズと言えば、全日本に選ばれている選手も多く、清水邦広選手、深津秀臣選手、大竹壱青選手、山内晶大選手、久原翼選手、と数多くの選手が全日本に選ばれています。

果たして結果は、

2-3でジェイテクトSTINGSが初優勝しました!

西田選手はこのリーグのMVP選手になります。

2019/20シーズン ファイナルステージ ファイナル vs パナソニックパンサーズ

これが、今まで西田選手のしてきた実績になります。若干19歳でこれまでやれる選手が出てくるのは本当にすごいことですね。

石川祐希選手を始め、若い選手が東京オリンピックまで全日本を引っぱってほしいですね。

今後の西田選手の活躍に期待してます。

余談かもしれないですが、最近はLINEブログも始めたようです。

こちらのページを参考に

西田有志 公式ブログ
バレーボール選手です。

バレー以外の西田選手もここで見れます(^▽^)/

以上、西田選手に関して解説させていただきました。

参考URL

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
http://archive.jva.or.jp/in_japan/games/zenchu/2013.html
本人に聞く、バレー界期待の「高校生Vリーガー」西田有志とは何者か|バレー|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
Vプレミアリーグ男子に、全日本バレー期待の”新星”が現れた。愛知県刈谷市を本拠地とするジェイテクトSTINGSへの入団が内定している、現役高校生の西田有志だ。 三重県海星高3年の西田は、チームの得点源となるオポジットとして年明けから試合に出場している。身長は187cmと、バレ…

https://ja.wikipedia.org/wiki/西田有志#cite_ref-4

コメント

タイトルとURLをコピーしました