【スーパーシティ法案】スーパーシティって何なの?分かりやすく簡単に解説!

スーパーシティ - 首相官邸ホームページ 政治

最近話題になってきたスーパーシティですが、スーパーシティとは何ぞや?と思う人も多いと思います。スーパーシティ構想?スーパーシティ法案?今回はそのスーパーシティについて解説します。

スーパーシティ構想とは?

地域の「困った」を最先端のJ-Techが、世界に先駆けて解決する。
「スーパーシティ」構想はこうした「まるごと未来都市」の実現を、地域と事業者と国が一体となって目指す取組みです。

これが、内閣府の国家戦略特区の基本的な目標として定められています。

J-Techは再生医療等製品及び関連製品の研究開発、製造、販売を主要な事業目的として活動している企業になります。

簡単に言えば、

様々な技術を提供し連携させ、暮らしを楽にしていく都市を創ろう

という取り組みになります。

スーパーシティの背景

AIやビッグデータを活用し、社会の在り方を根本から変えるような都市設計の動きが、国際的には急速に進展しています。
例えば、カナダのトロント等では、白地から未来都市を創り上げようとするグリーンフィールド型の取り組みが、一方、ドバイやシンガポール等では、既存の都市を造り変えようとするブラウンフィールド型の取り組みが進んでいます。

最新技術のAIビッグデータを活用して、諸外国ではスーパーシティの取り組みが既に始まっているようです。その流れで日本でもスーパーシティを導入して未来都市を構築していきたいということになります。

スーパーシティになったらどうなるの?

①生活全般にまたがる ●以下のような領域を広くカバーする(少なくとも5領域以上など)。 ・移動: 自動走行、データ活用による交通量管理・駐車管理、マルチモ ード輸送(MaaS) など ・物流: 自動配送、ドローン配達 など ・支払い: キャッシュレス など ・行政: パーソナルデータストア(PDS)、オープンデータプラットホー ムワンストップ窓口、API ガバメント、ワンスオンリーなど ・医療・介護: AI ホスピタル、データ活用、オンライン(遠隔)診療・ 医薬品配達 など ・教育: AI 活用、遠隔教育 など ・エネルギー・水: データ活用によるスマートシステム など ・環境・ゴミ: データ活用によるスマートシステム など ・防災: 緊急時の自立エネルギー供給、防災システム など ・防犯・安全: ロボット監視 など

②未来社会の加速実現 ●2030 年頃に実現される未来社会での生活を加速実現する(域内は自動走 行のみ、域内は現金取り扱い、紙書類なしなど)。

③住民参画 ●住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現がなされるように、ネ ットワークを最大限に利用する。 住民のコミュニティが中心となって、継続的に新しい取り組みがなされ、 改善が進められるような新しい住民参加モデルを目指す。

簡単に言えば、

移動は自動運転で勝手にやってくれるし、配達もドローンで良い時間にしてくれる、支払いも顔認識だけで払える、病院も行く必要なく遠隔で診療してくれる、学校もオンラインで授業が受けれる、ごみも勝手に収集してくれる。

ということが、スーパーシティになったらできることになります。

どれも便利で使い勝手がいいような感じがしますね(^▽^)/

どの地域が対象なの?

●ごく少数のエリアを、透明なプロセスで選定すべきである。 ●以下の2タイプが想定される。

1)新規開発(グリーンフィールド)型: 都市の一部区域や工場跡地など で、新たな都市開発を行い、新たな住民を集める

2)既存都市(ブラウンフィールド)型: すでにあるまちで住民合意を形成しつつ、必要な再開発・インフラ整備を行う ・なお、いずれのタイプも、行政区域(市区など)と一致する場合(グリー ンフィールド型の場合は新設も含め)も、その中の一部区域(ディストリ クト)となる場合もありうる。

●選定に際しては、 ・住民の合意形成を促進・実現できる、ビジョンとリーダーシップを備えた 首長の存在、 ・最新技術を実装できる企業の存在、 などが重要となる。

もともと発展している地域でするか、未開発な地域でするかということになります。

そしてどちらにしても、選ぶには住民の合意がないとできないということになります。

スーパーシティが成り立つまで

従来の国家戦略特区の枠組みを基礎としつつ、スーパーシティ用の特別な枠組み (住民合意 を前提に、 より迅速・柔軟に 域内独自の規制特例を設定 )を 新たに追加 する。

スーパーシティが成り立つにはまず区域計画の決定が必要であってそのために必要なのが区域会議となります。それを通して、自治体で承認してもらって、住民合意が必要となるようです。

勝手にスーパーシティになってもらっては困る!という人も必ず出てくると考えられますので、政府や自治体のお偉い様方だけでなく、我々一般の住民にも合意が必要だと考えることが重要になってきます。

今後はどうなっていく?

都市部がスーパーシティになっていくと便利な社会になっていくことは間違いないと思います。私たちが手間をかけているものに関して、コンピューター、AIが仕事をしてくれるので、疲労が軽減し時間短縮になっていくことが予想されます。

しかし、その反面デメリットもあります。

次回はそのデメリット・問題点に関して解説していきます。

参考

リニューアルのお知らせ
内閣府 地方創生推進 提案・申請・認定・評価について

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/saisyu_houkoku.pdf

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/supercity.pdf

株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)|再生医療をあたりまえの医療に
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニア...

コメント

タイトルとURLをコピーしました